top of page
  • 尾名高 典子

インテリアのDIY 3

更新日:2019年6月9日

待合室のテーブル

懐かしい、最初のアジアートの頃は、こんな感じのローテーブルだったのですが、IKEAで購入した脚に付け替えてダイニングテーブルにしました。

ローテーブルの方が雰囲気は良いし部屋は広く見えるのですが、なにせ使い勝手が悪い。

ここで食事をしようとすると、ちっちゃな椅子に腰掛ける必要があり、お尻が痛かったのです。




脚は1本250円。

せっかく1本ずつ買えるので色を混ぜて。

初めは奥に赤を配置したのですが、誰も気付いてくれないので、後日手前に付け替えました。(今だって私が言わなければ誰も気づいてくれないけど)

持って帰るのは大変だったし、正直ちょっとガタガタしていますが、アバウトな私は気にしません。はい。

こうなってからは快適。テレビを見ながら食事が出来ます。




このテーブルには元々おしゃれでごつい金属の脚が付いていたので、この子の置き場が問題になったのですが、…。






洋服掛けに変身させました。

サイドには、棚受けを取り付けた板を結束バンドで留め、押し入れに入らないコートを掛けてあります。

結束バンドは長さが足りなかったので、連結して使用。(わざわざ長い物を買う必要はありません。)これなら、またいつでもローテーブルに戻せるし、コートを掛ける場所も出来たし、万事解決です。つづく

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page